高齢者の痩せすぎは対策すべし!急な体重減少は危険!

高齢者の痩せすぎは危険!今すぐ対策しましょう。

ガリガリの老人

 

「体質ですぐ痩せちゃうんだよ」「ストレスで食べてなかったから痩せちゃったよ」こんな風にフランクに語られることの多い“痩せすぎ”。

 

若年層の場合、健康云々というよりもスタイル・ファッションとしての側面が強いため、あまり深刻に語られることはありません。しかし、「痩せすぎが危険」と考えられる人たちもいます。

 

それが高齢者です。

 

このページでは、高齢者が痩せてしまう原因から、対策までまとめました。是非最後までご覧下さい。

 

高齢者が痩せやすい原因とは?

高齢者の痩せすぎは危険……という話はひとまず置いておき、そもそもなぜ高齢者は痩せやすいのでしょうか?

 

これには複数の原因が考えられます。まずは単純に「食欲の低下」ですね。若いころほど食べたくなくなった、食への関心が薄れた……というものです。

 

その次に考えられるのが「消化・吸収率の低下」です。老化により栄養を吸収する力が弱まっており、仮に若いころと同じ量を食べても吸収されないため痩せやすいという事ですね。さらに加えて食欲もわかない状態であれば、食事量自体も減り痩せるのは必然です。

 

その他、食べ過ぎはよくないという慣習から「偏食」などもよくある原因です。

 

高齢者の体重減少はなにが危険か?

痩せる要素の多い高齢者。では、それらの何が危険なのでしょう?重要なキーワードが「低栄養」「低体重」です。

 

低栄養は、健康体を維持するために必要な栄養が足りていない状態のことで、食欲減少からくる「痩せ」が大きな原因です。栄養が不足したり偏ったりすると、結果的に認知機能が低下し日常生活に影響を及ぼしたり、免疫力が低下し感染症にかかりやすく、またかかった場合治りにくくなったりします。

 

低体重は読んで字のごとく体重が低い状態のことで、BMI値18.5以下が基準となっています。高齢者の低体重はアルツハイマーのリスクを高めることがわかっており、さらに太っている場合と比べても死亡率が高いというデータがあります。

 

さらにがんの症状の一つには「急激な体重減少」があります。短期間に体重が減少している……という場合は要注意です。

 

痩せないようにする対策とは?

対策は
・バランスの良い食事を心がける
・朝、昼、晩3食摂る
といったことが挙げられます。

 

特に『あまり食欲がわかない・・・』という理由で2食になっている場合は危険です。これでは単純に1食分の栄養素が不足することになりますので、3食しっかり食べることが重要なのです。

 

また食事自体を楽しくするのも効果的で、家族や友人との食事がコミュニケーションの場になれば、粗食を防ぎ心身の充実にもつながります。栄養バランスをとるのが難しいといった場合、補助食や宅配食材の利用も検討してみてください。

 

宅配食材なら、管理人も利用しているコープがオススメですよ。栄養バランスがしっかり取れた料理キットや温めるだけで食べれるお弁当、お惣菜も豊富にあります。


コープデリ

 

まとめ

高齢者の痩せすぎが引き起こすリスク、いかがでしたか?

 

一口に痩せすぎ、といっても若者の「痩せすぎ」と高齢者の「痩せすぎ」とでは、症状もリスクもまったく異なるものでした。

 

年だから、と放置せずしっかり対策をとることが大切ですね。

 

元ガリガリの管理人が厳選!
男女兼用の太るサプリってどれ?
ドクターフトレマックス
太るサプリ@おすすめ比較ランキング!