ガリガリ 女 ファッション

痩せすぎ・ガリガリ女性でも似合う服装(ファッション)とは?

女性用ファッション

 

「二の腕を隠したい」「なるべく細く見える服が欲しい」。そんな女性の要望に応えるように、世の中には多くの「細見え」なるコーディネートが存在しますよね。

 

一方で悩むのが逆の女性……つまり「痩せすぎの体型を隠したい女性」です。

 

今回は痩せすぎ女性でも似合うファッションをご紹介します。

 

ボリュームのあるトップス

ボリュームのあるトップス

最初に紹介するのはフリルやファーなど、ボリュームのあるトップス。
上体をふんわりさせることで細身体形をカバーすることができます。

 

シルエットそのものをボリュームアップできない場合、ニットやモヘアといったふんわり素材でボリューム感を演出するのもアリですよ。

 

ふんわりスカート

タック入りスカート

次におすすめなのがボリュームのあるスカート。
具体的にはタックが入ったスカート、チュールスカート、Aラインスカートなどです。
いまいちボリュームが出ない場合、中にパニエを履くのも◎

 

注意点は、ボリュームのあるトップスとふんわりスカートを合わせるのはNGという点。
細い体ゆえ服に“着られている感”が出てしまい、逆に細さが強調されてしまいます。
ボリュームを持たせるのは上下どちらかにするのが正解です。

 

重ね着

パーカー

細身体形をカバーする場合、重ね着も有効です。
Tシャツ一枚ではなくパーカーを羽織る、ニットの中にシャツを着る、トップスにキャミソールを重ねる……などがおすすめ。

 

重ねた分厚みが出て、身体の薄さを紛らわせることが可能です。
また、普通体形なら着ぶくれして見えてしまうような「ふんわりニット×柄シャツ」といったような組み合わせも重たくならないので、痩せ型ならではの重ね着コーデを楽しむ手も。

 

パステルカラーや暖色系カラー

白のパーカー

おすすめの色はホワイトやピンクなどの明るい色味。
これらは膨張色と呼ばれ、身に着けた場合その名の通り体を膨張させ大きく見せる特徴があります。

 

逆に黒や青などの濃い色・寒色系は収縮色といい、身体を小さく引き締めて見せてしまうので痩せ型の人には向きません。

 

骨を隠す

骨を隠す服

細見えテクニックの一つに「手首や足首といった体の細い部分を出す」といった手法があります。
細い部分を出すことで隠れている部分も細いと錯覚させ、全身を細く見せるのです。

 

細く見せたくない場合はこの逆。
つまり、手首、足首、鎖骨といった細さを連想させる“骨”部分は隠すのが無難です。

 

まとめ

まとめると……

 

Good

・ボリューム×タイトのメリハリコーデ
・膨張色
・重ね着
・ハイネックなど骨が隠れるもの

 

Bad

・ボリューム×ボリュームのぶかぶかコーデ
・収縮色
・一枚でサラッと着る
・七分袖のトップス、七分丈のパンツなど骨が強調されるもの

 

といったところです。

 

身体を本当に大きくするのは時間がかかるもの。
ファッションなら簡単に理想のスタイルに見せることが可能です。

 

ぜひ、毎日のコーディネートの参考にしてみてください。

 

元ガリガリの管理人が厳選!
男女兼用の太るサプリってどれ?
ドクターフトレマックス
太るサプリ@おすすめ比較ランキング!